イラストでお小遣い稼ぐ!PIXTAクリエイター登録の手順【販売方法も紹介】

  • URLをコピーしました!
べる

PIXTAでイラストを販売しようと思ってるんだけどどうすればいいのかな?

というわけで今回は

PIXTA」について詳しく解説していきます✨

それではさっそくいってみましょう!

この記事でわかること
  • PIXTAってどんな会社?
  • クリエイター登録に必要なもの
  • クリエイター登録の手順
  • 作品の販売方法

\ 趣味を副業にしよう! /

目次

そもそもストックイラストってなに?

そもそもストックイラストってなに?

ストックイラストサイトは自作したイラスト作品を売りたい人とそういう素材を探している人とをつなぐマーケットプレイスです。

クリエイターが報酬を得るステップ
  1. イラストをストックイラストサイトにアップ
  2. そのイラストを気に入った人がダウンロードする
  3. イラストの製作者にお小遣いが入る

上記のような仕組みでクリエイターは報酬を得ることができます。

依頼者にイラストを納品したら終わるクライアントワークスと違い

ストックイラストは一度描いたらその作品が何度でもお小遣いを生み出します

イラストがストックサイトから姿を消さない限り、半永久的に休むことなくお金を稼いでくれるのです。

ぺむ

クライアントワークスでは依頼者の要望を聞きながらイラストを描いていくけど、ストックイラストは自分が好きに描いたものをアップしておくだけなので気が楽なのです

そうは言っても、ストックイラストは自分のイラストがダウンロードされなければ元も子もありません。

その上、一回のダウンロード料も微々たるものです。

ですのでいきなり本業に据えるのはおすすめしません。

まずはスキマ時間などでたくさんイラストを量産し、ストックイラストサイトにアップしてみましょう!

ぺむ

イラストと収入を徐々に増やし、様子を見てからフリーになるのでも全然遅くありませんよ

>>PIXTAの登録はこちらから(無料)

PIXTAってどんな会社?

PIXTAってどんな会社?
クリエイター会員数30万人以上
素材点数6,300万点以上
運営開始2006年5月
写真素材の取り扱いあり
動画の取り扱いあり
本社所在地日本
著作権譲渡なし
公式サイトPIXTA

PIXTAは20年近く運営されている老舗のストックイラストサイトです。

リリース当時は写真のみの取り扱いでしたが現在はイラストや動画も取り扱っています。

UI(ユーザーインターフェース)もかなりわかりやすく作られており、素材のアップやタグ付け作業なども難なく行うことができます。

ぺむ

ストックイラスト未経験者はPIXTAから始めるのがおすすめです!

>>PIXTAの公式サイトを見てみる

【危険?】PIXTAの安全性について

【危険?】PIXTAの安全性について

ストックイラストのことを話すと周りから

詐欺なんじゃない?

銀行口座の情報なんて入力して大丈夫?

と心配されることもしばしばありますが安心してください。

20年近く運営されている安全なサイトです。

ぺむ

詐欺の類ではないし報酬もしっかり支払われるから安心してね!

>>PIXTA公式サイト

PIXTAの個人的評価【クリエイター目線】

PIXTA
総合評価
( 4 )
メリット
  • 作品のアップロードがしやすい
  • マイページがわかりやすい
  • 素材の審査が丁寧
  • NGの理由をしっかり教えてくれる
  • タグ付けもタイトルも日本語でOK
デメリット
  • 審査が丁寧な分時間がかかる

一つずつ解説していきます

私が感じたPIXTAのメリット

作品のアップロードがしやすい

PIXTAはとにかく作品の登録手順がわかりやすいです。

タグ付け作業もサクサク行うことができストレスがありません。

初めてのストックイラストサイトにはうってつけです。

べる

PIXTAで一連の作業に慣れれば他のサイトでもサクサク進められそう

ぺむ

タグ付け作業中に自動保存してくれるのが本当にありがたいんだよね

マイページがわかりやすい

トップページが非常にわかりやすくまとめられており、迷うことがありません。

作品登録画面、作品のDL数などがパッと見でわかるようになっており見たいページにすぐアクセスすることができます。

お役立ち情報なども満載なので、時間があるときはぜひ目を通しておきましょう。

べる

コラムとかランキングとかいろいろ載ってるね

ぺむ

売れ筋ランキングや検索キーワードはDL数に直結するから定期的に見ておいた方が良いよ!

素材の審査が丁寧

ストックサイトの中にはアップロードした素材をあまりチェックせず載せるところもありますが、ピクスタは隅から隅まで細かくチェックしてくれます。

自分では気づかないようなところまで教えてくれるので、初心者のうちはたくさん助けてもらいましょう。

べる

「ここのレイヤー消えてないけどそういう仕様ですか?」とか教えてくれる!普通に消し忘れてたので助かった

ぺむ

小さい消し忘れとか汚れも残ってると教えてくれるんだよね。DLする側としてもこのチェック体制は安心できるよ

NGの理由をしっかり教えてくれる

アップロードした素材がNGになってしまった場合、なぜNGになったのかをしっかり明記してくれます。

べる

それって当たり前のことじゃないの?

ぺむ

サイトによってはNG理由がすごくふんわりしててわからなかったりするんだよ…

タグ付けもタイトルも日本語でOK

PIXTAは日本の会社で利用者も日本人が多いです。

サイトも日本語、タグもタイトルも日本語で大丈夫なので翻訳する手間やわずらわしさがありません。

ぺむ

シャッターストックなんかはタイトルやタグを英語でつけなきゃいけないのでめちゃきついんよ

べる

英語苦手だから時間かかりそう

私が感じたPIXTAのデメリット

審査が丁寧な分時間がかかる

PIXTAは審査が非常に丁寧な分時間がかかります。

JPEG・PNGは3日ほど、ベクターに関しては1週間~2週間ほどかかるのが普通です。

べる

その分しっかりチェックしてもらえるから個人的には気にならないかな

ぺむ

季節ものや時事ネタのイラストなんかをアップする際はなるべく早くアップしておこうね

PIXTAクリエイター登録に必要なもの

PIXTAのクリエイター登録には「身分証明書」が必要になります。

下記の中からどれかひとつを用意し登録を進めてください。

PIXTAクリエイター登録の手順


身分証明書が準備できたらさっそく登録していきましょう。

STEP1. 個人情報の登録

PIXTAの公式サイトへアクセスし、上部にある「クリエイター会員登録」をクリックします。

メールアドレスや名前、住所、電話番号などを入力していきます。

必ず身分証明書と同じ内容を入力してください。

すべて入力し終わったら「確認」をクリックします。

入力した内容に間違いがなければ「送信」をクリック。

入力したメールアドレスにPIXTAからメールが届きます。

送られたURLにアクセスしてメールアドレスを認証してください

おつかれさまでした

次は身分証明書の提出になります

STEP2. 身分証明書の提出

メール認証が完了したらそのまま身分証明書を提出しましょう

「身分証明書を提出する」をクリックしてください

用意した身分証明書をデータ化して送ります

内容が判別できればスマホで撮った写真でもスキャンしたものでも何でも大丈夫です

ぺむ

私はスマホで撮った身分証明書を提出しました

ファイルを添付して「提出」をクリックしてください

PIXTA側で本人確認が終わると下記のようなメールが届きます

べる

やったー!本人確認も終わったしこれで作品が売れるようになったね!!バンバン登録するぞー!!!

ぺむ

ちょっと待って!PIXTAでは作品を販売する前に「入門テスト」があって、それに合格しないと作品を投稿できないようになってるんだよ!

べる

えっ!?!?!?!?

作品を投稿するために「入門テスト」を受けよう

PIXTAでは入門テストがあり、そのテストに全問正解しないと素材をアップロードできません

まずはそのテストに合格するための入門講座を受けましょう

べる

テストっていう響きだけでもう拒否反応が…

ぺむ

そんなにかまえなくても大丈夫! テストといっても本格的なものじゃなくて素材のサイズや選び方、著作権や肖像権について軽く注意事項を教えてもらうだけだよ

答えを間違えてしまっても再挑戦できます

まずは挑戦してみましょう

PIXTAから送信されたメールや、公式サイトのマイページから講座を受けることができます

>>PIXTAの公式サイトはこちら

入門講座へ進むをクリック

入門講座が進んでいきます

読み終えたら次へ進むをクリックしてどんどん先に進みましょう

全部で10ページの入門講座を読み終えたらいよいよ入門テストの開始です

写真、イラスト、いずれかの入門テストへをクリックしてください(画像ではイラストの入門テストを選択しています)

おめでとうございます!

全問正解で晴れて素材を販売できるようになりました

それではさっそく画像をアップロードしてみましょう

作品(画像)の投稿・販売方法

PIXTAの公式サイトからマイページに入ります

マイページにマウスを合わせ、プルダウンからマイページトップを選択してください

作品登録をクリック

登録した作品はPIXTA側で審査され、問題ないものだけ販売されるよ、という注意書きが出ます

この注意書きは初回だけです(二回目以降は出てきません)

作品をアップします

ファイルごとドラッグ&ドロップするか選択を押してファイルを選んでください

販売する素材の形式アップロードするファイル
ベクター、PNG、JPEGZIP(EPS、PNGをフォルダに入れて圧縮)
※JPEGはPNGから自動生成
ベクター、JPEGZIP(EPS、JPEGをフォルダに入れて圧縮)
PNG、JPEGPNG
※JPEGはPNGから自動生成
べる

PNGをアップすると自動でJPEGのデータが作られるのは便利だね!

アップロードした作品に情報を入力していきます

タイトルタグなどを入力してください

独占販売や定額制販売などは基本初期設定のままでいいと思います

①…素材のタイトル
②…素材につけるタグ
③…PIXTAでのみ販売する場合チェックする
④…人が写っている場合被写体から同意をもらう
⑤…登録済みの素材から情報を引っ張ってくる場合クリック
⑥…一括入力機能をONにすると選択した素材すべてに情報が入力される

アップロードした素材をPIXTAでしか販売しない場合や、被写体に人が写っている場合などはしっかり確認してチェックしてください

入力し終わったら審査申請をクリックします

おつかれさまでした!

これで作品の登録は完了です

アップロードした素材はPIXTA側で審査され、問題がなければ数日中に販売されます

販売されるまでの日数ですが、JPEGの審査は一番早く翌営業日、その数日後にPNGが販売され、ベクターは2週間ほどかかる印象です

一番下のEPS(ベクター)だけ一週間たっても審査中
べる

最初は少し戸惑ったけど、実際にやってみたら簡単だったよ!

ぺむ

今後何百回もここからアップロードすることになるだろうからすぐ慣れるよ! イラストや写真をどんどん登録していこう

>>PIXTAでクリエイター登録する(無料)

登録した素材の削除方法

今回は例として販売NGが出た素材を削除していきます

「マイページ」→「作品一覧」をクリックしてください

削除したいイラストを選びます

今回は販売NGイラストを削除するため下記プルダウンから絞り込みました

削除したいイラストにチェックを入れます

今回は販売NGだったイラストをすべて削除したいので全選択にチェックを入れました

チェックを入れ終わったら詳細表示をクリック

右上に「削除」のボタンが表示されるのでクリックしてください

「削除する」をクリック

無事削除されました

作品を削除してもアップロード可能回数は回復しません

PIXTAではクリエイターによって「アップロード可能枚数」が決められています

このアップロード枚数は審査申請した時点で必ず減るものです

審査申請する前の素材であれば削除することでアップロード可能枚数は回復しますが、申請後の素材は削除してもアップロード枚数が回復することはありません

ぺむ

基本作品はすぐ削除されますが、販売中の作品に関しては購入を検討している人がいるかもしれないので30日後に削除されます

【Q&A】PIXTAよくある質問まとめ

未成年でもクリエイター登録できますか?

未成年でも保護者の同意があればクリエイター登録はできますが

18歳未満の方は保護者の同意があってもクリエイター登録ができないので注意してください

同一アカウントで別名義(別PN)の登録はできますか?

できません

税務上の問題により1アカウント1名義での登録になります

Zipファイルのアップロードに失敗してしまいます

対策①→ファイル名が日本語になっている場合は英数字のみに変更してみてください

対策②→フォルダの中に複数のファイルがないか確認してみてください

ぺむ

私は最初PNG30枚をZipファイルに圧縮してアップロードしようとしてました

まとめ:PIXTAクリエイター登録の手順【作品の販売方法も紹介】

本記事では「PIXTAクリエイター登録の手順」について解説いたしました

正直、一部の天才以外がストックイラストでまとまった収入を得るには膨大な時間がかかります

しかしそれでも趣味でお金がもらえてしまう世界、個人的には超おすすめの副業です

べる

これなら僕でもできそうだ! さっそくクリエイター登録して作品をアップロードしてみるよ!

ぺむ

作品はあればあるだけ他の人の目に留まりやすいよ!興味があればさっそくPIXTAに登録してみよう

>>PIXTAでクリエイター登録する(無料)

今回は以上になります

最後までお読み頂きありがとうございました✨

\ スキマ時間で副収入! /


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次